地方別!古き良き日本が伝わる外国人への土産まとめ

外国人へ日本のお土産を配る場合には、どのようなものが喜ばれるのか非常に気になるものです。日本人の場合にはその土地ならではの珍しいものであれば基本的に喜ばれると考えられますが、外国人は表現がストレートな上自分の好みもはっきりしているので、なかなかお土産を選ぶ事は難しい面があると考えられます。その中でも多くの人に喜ばれるものを考える場合には、その土地ならではのものであり、かつ日本的な要素が含まれているものが良いと考えられるのです。
例えばお茶は外国人はあまり好まないため、受け入れられないと思われがちですが、静岡などではお茶が有名であることを最近の人は大概承知しています。そのため、静岡のそばに行ったのであればお茶をあげるのは非常に良いものです。その際により日本的なパッケージのものであればさらに喜ばれる風潮があります。

スカイツリーは外国人も大好き!

また東京であれば東京タワーやスカイツリーのオブジェが最適です。これらは現在の日本のシンボルとなっており、実際に行ったと言うことを示す非常に貴重なものと考えられているのです。同様に大阪であれば通天閣やくいだおれ人形などは喜ばれるものとなっています。
逆に敬遠されがちなものは食品です。あらかじめ希望があった場合は別ですが、日本人の味覚は非常に繊細であるため、外国人の口に合わないことが少なくありません。それでも味覚の特性を実際に来て知っている人は別ですが、そうでない場合には曖昧な味に納得できないと考えている人も多いものです。お菓子は甘いものと言う認識が強いため、日本人が好む繊細な甘さはあまり喜ばれないことが少なくありません。
外国人に日本のお土産を届ける場合には、基本的に食品は避けた方が良いでしょう。また国によっては食品の輸入が禁止されているところもあるため、その国の事情をよく知っていないとうかつに食べ物を土産にするとトラブルの原因となることもあります。古くから伝わる人形や置物などは非常に喜ばれるものとなっているので、地域独特のものを選ぶことが良い方法となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です