ショップで購入したい日本土産

海外出張や留学などでお土産を持参する事も多いですが、海外の人はどんなお土産を喜んでくれるのか迷うかもしれません。実際、お土産ショップにはたくさんの日本土産が揃っており、その品数の多さに目移りしてしまうほどです。お世話になる人が貰って嬉しいと感じるお土産を選びたいものですが、どのようなポイントに絞って選んでいけば良いのでしょうか?

日本食は海外でも注目の的

口に入れるものは合う合わないがあるため、お土産として難しいと感じるかもしれませんが、日本の食文化は海外でも注目されています。和食はヘルシー、健康的といった理由でわざわざ自宅で和食作りに挑戦する人もいます。和食を嗜む人であれば、昆布や干し椎茸、出汁など和食の基礎となるものを持参すれば話のネタの一つにもなるかもしれません。また日本茶も日本らしさを味わえるお土産です。海外でも日本茶は販売されていますが、取り寄せにくい新茶や、緑茶ほどメジャーではないほうじ茶、番茶なども珍しくて喜ばれます。

日本の伝統文化が伺えるアイテムも定番のお土産

東京のお土産ショップを覗くと、日本の伝統文化を感じさせるアイテムがたくさん揃っています。海外の人からの日本のイメージは富士山や舞子、歌舞伎、相撲、侍、忍者などが挙げられますが、これらのイメージをプリントしたTシャツやランチョンマット、クリアファイルなどは日本人からみるとベタでも、海外では「日本らしい」と喜んで貰えます。値段も手頃で多くの人に配れるアイテムでもあります。また日本の伝統工芸文化を伝えられるものとして、和紙で作られた扇子や和柄の風呂敷、見た目が美しく使い勝手の良い手ぬぐいやふきんなども、日本のお土産として定番です。色々なデザインがあり、手渡した時にどんな表情をして貰えるのか想像しながら選ぶのもまた楽しい作業です。

わかりやすい日本土産は外れがない

初めて出会う海外の人へのお土産は非常に難しいものですが、味や見た目が好みではないと思われるものは避けたいところです。何にすべきか迷った時は、取り敢えず定番の日本土産が安心です。日本土産としても定番のアイテムは日本らしさを感じさせ、これまでの歴史の中でも海外の人から喜ばれ、評価されてきた事から人気商品となっているのです。